スポンサーサイト

2015.12.25 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    子どもに残すもの

    2013.12.24 Tuesday 09:44
    0

      遺品整理を考える会は、NPO法人「広島シューレ」や「障がい者就労支援センター みらい」と連携して活動しています。
      その関係で、遺品整理を考えるときにも障がい者の問題と絡めて考えてしまいます。


      たとえば、子どもが障がいを持っていた場合。
      親としては、どうやって子どもに自立した生活を送らせるかを悩むと思います。
      答えは一つとは限りませんが、障がいを持つ書道家である金澤翔子さんのお母さんの言葉は、ヒントになるかと思います。


      お母さんは、いつも金澤さんに教えていることが3つあるそうです。
      一つは、いつも身のまわりをきれいにしておくこと。
      もう一つは、料理をできるようにすること。
      そして、何か資格を持つこと。
      もし将来、子ども一人になったとしても、何か一つでもその子の自信になるもの、とっかかりになるものを、親が生きている間に見つけてあげたい。
      障がいを持つ子どもに限らず、勧められる教えだと思います。

      category:生前整理の方法 | by:comments(0) | -

      スポンサーサイト

      2015.12.25 Friday 09:44
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment